2019年5月19日

SlideShareからウェブサイトへの集客は期待できるか

あるソフトウェアのユーザー会で作ったマニュアルをPDFにしてSlideShareに公開しました。
そのソフトのユーザー会では、もともとウェブサイト上でメールアドレスを登録した人だけに、そのPDFのダウンロードURLを自動配信メールで送っていました。ところが、以下の理由からSlideShareに切り替えました。
  • 相手側サーバが受信を拒否したり、迷惑メールに振り分けたりなどのトラブル対応が面倒
  • PDFのために排他制御しても、そのメールアドレスのリストを活用する予定がなければ無駄
  • リスト活用予定がないのに、メールアドレスという個人情報を収集するリスクが割に合わない
さらに副次的な理由として、SlideShareからの集客効果を測るという意味もありました。