2016年11月20日

Joomla!のセキュリティ(脆弱性)対策にGoogle認証

自分のサイトはたいしたアクセスもないし、まさかハッキングされることはないだろう
と油断したらやられました。100PV/日程度のJoomla!サイトの管理画面が何者かにログインされてマルウェアを仕込まれました。その結果、そのサーバの全データ(他サイトのデータ含む)を削除して、ローカルPCのデータから全サイトを作りなおす羽目になりました。何日もの時間ロスでした。
Joomla!の管理画面にほんのちょっと手間を掛けるだけで膨大な時間を無駄にさせられずに済みます。ここでは、Joomla!の管理画面のセキュリティ対策にGoogle認証を使う方法をまとめます。

2016年10月10日

Value-DomainでBloggerに独自ドメインを設定

Bloggerは、外部のドメインレジストラで管理している独自ドメインを割り当てて使うことができます。ここでは、Value-Domain(バリュードメイン)でBloggerに独自ドメインを割り当てる手順をまとめます。

2016年8月21日

Facebookページの管理者の追加と追加できない時の対応

Facebookページは、通常、組織・団体・プロジェクトの単位で運営されます。複数の人が編集できるようにしておくと便利です。

Facebookページに管理者・編集者を追加するには、Facebookページを開いて「設定」→「ページの役割」→「名前またはメールアドレスを入力...」に新しい管理者・編集者の名前を入力します。
新しく追加した管理者の権限を確認して「保存」します。通常「編集者」のままでかまいませんが、管理者・編集者を追加する権限を付与する場合は、「管理者」に変更します。
最後にパスワードを入力して「送信」すると、新しい編集者が追加されます。

管理者・編集者を追加できない原因と対策

上記欄で、新しく管理者・編集者に追加したい人が出てこないときは、名前を半角英数字で入力してみましょう。それでも解決できないときは、次の点を確認しましょう。
  • Facebookページ管理者の「友達」になっていること
  • Facebookページに「いいね」していること
  • 上記の手順をPCブラウザで実行していること(モバイルアプリでは上記2点をクリアしてもダメな事例あり)

2016年2月28日

Bloggerに連携してFacebookページに自動投稿するZapierの使い方

2015年にRSS Graffitiの提供が打ち切られて以来、Facebookページヘの自動投稿には、Zapier(ザピア)を使っています。
Zapierは、複数のウェブサービスを連携させるウェブサービスです。まだ日本語化されていないため、日本ではあまり知られていませんが、Facebookページへの自動投稿はFacebookからの被リンクを自動生成することになるため、SEOツールとして必須になるでしょう。

Zapierの使い方

ZapierでRSSフィードからFacebookページに自動投稿する設定には、以下の3段階があります。
  1. Zap(ザップ)を作成
  2. ブログ/サイトの最新記事からFacebookページにテスト投稿
  3. Zapを有効化

1. Zapを作成

Zapとは、連携元と連携先のウェブサービスを組み合わせるアプリのことです。ここでは、ブログ/サイト(連携元)のRSSフィードからFacebookのAPI(連携先)にデータを受け渡すアプリを作成します。

Zapierにサインアップ(会員登録)すると、メールが届きます。そのメールの[Build a Zap Now]をクリックします。

Zapierにログインして、[Choose a Trigger App]画面の検索窓にRSSと入力して[RSS by Zapier]を選びます。

[New Item in Feed]を選んで[Save + Continue]をクリックします。

[Feed URL]欄に自動投稿元となるブログ/サイトのRSSフィードのURLを入力して、[Continue]をクリックします。

[Fetch & Continue]をクリックします。

Choose an Action Appの検索窓にFacebookと入力して[Facebook Pages]を選びます。

[Create Page Post]を選んで[Save + Continue]をクリックします。

[Connect a New Account]を選んで、[Save + Continue]をクリックします。



Message欄のメニューボタンからDescriptionLink URL欄のメニューボタンからLinkを選んで、[Continue]をクリックします。

次に、ブログ/サイトの最新記事をFacebookページにテスト投稿してみましょう。

2. テスト投稿

下記の画面でテスト投稿する記事を確認して[Create & Continue]をクリックします。

Test Successfulと表示されたら、Facebookページにアクセスして、テスト投稿結果を確認しましょう。[Finish]をクリックして、

Finishと言ってもZapの作成が終わっただけで、ブログ/サイトに新着記事が載っても、まだ自動投稿されません。最後にZapを有効化しましょう。

3. Zapを有効化

[OFF]ボタンをクリックして、YOUR ZAP IS [ON]に変えます。


下記の画面が表示されたら、Zapの有効化まで完了です。別のZapを作るなら[Make another Zap]、ここで作ったZapを確認するなら[See it on your Dashboard]をクリックします。

注意

2018年8月1日からFacebookへの自動投稿APIの提供が打ち切られるため、今後Facebookの個人のニュースフィードへの自動投稿はできなくなります。

2016年1月10日

FileZillaでジオシティーズにFTP転送

FileZillaをジオシティーズ用に設定して、手持ちのホームページ(HTML)データをジオシティーズにFTP転送する手順をまとめます。

FTPにFileZillaを使う場合は、下記のように設定します。
  • ホスト:ftp.geocities.jp
  • ユーザ:ジオシティーズから届いたメールに記載されたユーザID
  • パスワード:Yahoo!ジャパンのログインパスワード
FileZillaの「詳細」タブを開いて、下記のように設定して「接続」します。
  • 既存のローカルディレクトリ:「参照」ボタンからトップページのindex.htmlが入っているフォルダを指定
  • 既存のリモートディレクトリ:/(半角スラッシュだけ)
  • 同期ブラウジングを使用:ON
接続したらローカルディレクトリのファイルをすべて選択(Ctrl+A)してから、右クリックして「アップロード」します。
ジオシティーズから届いたメールに載っているURLを開いて、ホームページが公開されていることを確かめましょう。デフォルトでは広告が上部てっぺんに表示されます。ホームページを見やすくするために広告の配置を変えることをお薦めします。